【入居者募集中】障害者がペットと共生する障がい者グループホーム 

2号棟(女性棟)5月オープン予定

お気軽にお問い合わせください

看護師 介護福祉士 栄養士の専門家がいますので 万全のサポートを提供させていただきます

グループホームにじいろを どうぞよろしくお願いいたします

~共に生きる~ペット共生型グループホーム にじいろ上安松(2号棟)女性棟

5月オープン予定

グループホームにじいろ上安松は、女性専用のグループホームです。
定員3人ですので、アットホームで落ち着いた生活を送っていただけます。

グループホーム にじいろ上安松は、犬・猫とともに暮らす障がい者グループホームです。

〜共に生きる〜 ペット共生型グループホーム にじいろ下安松(1号棟)男性棟

グループホームにじいろ下安松は、男性専用のグループホームです。
定員4人ですので、アットホームで落ち着いた生活を送っていただけます。

グループホーム にじいろ下安松は、犬・猫とともに暮らす障がい者グループホームです。

にじいろ畑

肥料をまいて種をうえる所になります。

じゃがいもやかぶ、人参、ほうれん草など植えました。

2週間あけてまた違う種を植えていきます。

収穫が楽しみです!

動物介在活動のもたらす効果

グループホーム にじいろ下安松の提供する「動物介在活動」は、動物介在療法(アニマルセラピー)の効果があると検証されております。

アニマルセラピー(動物介在活動)のもたらす効果

心理的効果(mental effect)

元気な気持ちになる、くつろぎ効果、笑う機会が増える、親密な感情を生む、回想作用等

生理的効果(physiological effect)

病気の回復を助ける、刺激やリラックス効果、血圧やコレステロール値の低下、運動の機会が増える、楽しんでリハビリテーションができる

社会的効果(social effect)

人との出会いのきっかけができる、コミュニケーションのきっかけになる、人間関係がスムーズになる、身体的・経済的な自立を支える

グループホームにじいろでの暮らし

犬や猫と一緒に暮らすことでメリハリを持って仕事や普段の生活いきいきと取り組んでいく

グループホームじいろが目指すのは、そういう毎日です。

外出のきっかけとして、動物と一緒にお散歩。犬も入居者様も嬉しそうな、グループホームにじいろならではのひとときです。

市役所・病院などへひとりで行くのが不安な方は、スタッフが同行いたしますのでご安心ください。

入居者同士で仲良くなって、遊園地に遊びに行くことも。グループホームにじいろでの暮らしを通じて、新しい出会いが生まれます。

おこずかい帳作成を通して金銭管理のお手伝いもしています。(希望者のみ)※直接お金をお預かりすることもできます。

働く場所を一緒に探します。就職先が決まった後も安心して働けるようにフォローをしていきます。

1か月に1回「入居者会議」を行っています。気持ちよい共同生活が送れるようにみんなで話し合います。

~緑ゆたかな街、所沢~にじいろホームであなたの色(個性)を育て輝かせませんか!

代表挨拶

にじいろグループ代表 吉野多恵子と申します。

この度はご縁がありまして、にじいろ下安松の開設に至りました。大変有難く嬉しく関わって頂いた皆様にこの場をお借りして感謝申し上げます。

私は看護師として、生死と関わる仕事に従事してまいりました。看護師の仕事は私にとって、とても尊い経験を与えてくれました。とある日、友人からの誘いでグループホームのお手伝いをすることになります。

障がい者の皆さんのことをあまり深く知ることもなく飛び込んだのですが、食事を作ったり洗濯の手伝いなど身の回りのお世話をしたりすることが楽しく感じたのです。そこは普通の家庭と変わらないような空気が流れており、暖かな雰囲気に感銘を覚えました。障がいを持つ方たちには、泣いたり笑ったり怒ったりと、感情が表出できる空間がとても大切な事と再確認し、私もこんな暖かな空間を提供できる人間になりたいと思うようになりました。

また、動物の保護活動にも感心があった事で、ペット共生型グループホームをかかげました。このような共同生活援助の存在はこれからの時代にとって、大変重要な存在になっていくことと考えております。どうぞ皆さん、一人で抱え込まず、私共に委ねてみて頂けませんでしょうか?完璧にとはいかないこともあるかとは思いますが、より豊かな毎日が過ごせるよう私共は支援していきたいのです。

職員さん募集  グループホームで働いてくれる方を募集しています
【内容】朝食・夕食の用意、利用者さんのお世話など

お気軽にお問い合わせください。

トップへ戻る